いずみ野通信R2.6月号

2020年06月05日(Fri) 09時54分に投稿された有料老人ホームいずみ野の有料老人ホームいずみ野の日記

泉佐野の老人ホームならいずみ野

有料老人ホームいずみ野

投稿者は事務長

○沖縄・九州に梅雨入り宣言がありました。6月中旬には関西でも梅雨入りと思うと気が滅入ります。
大阪府及びその周辺の府県においても新たなコロナ感染者がなく、又和歌山県においては、入院されていた患者様が退院され
陽性者が“ゼロ”との報道に、関西圏のコロナ感染対策に対する府民県民の真摯な取組みに誇りを感じます。新しい生活様式の変化にも柔軟に対応できる関西人、現時点でも、コロナ感染と戦っている医療従事者、専門家のみなさまには、感謝の気持ちでいっぱいです。
第一波コロナ感染で感じたことは、トップの指導力とスピード感です。
非常事態時はトップダウン、トップの役割は、事態を正確に把握し“明確”且つ“具体的”に方針を示すことだと思います。
政府、国民は当初、“対岸の火事”と傍観者であり、感染に対する危機感が薄かったと思います。
時間の経過と共に、政府(縦割り組織)と都道府県知事(首長)との力量の差が否めません。
政府は早期に役割分担と責任並びに予算配分を明確にするべきであったと思わざるを得ません。
新しい生活様式においては、コロナウイルスと共存した生活の工夫が私達、各企業にも課せられています。責任ある慎重な行動はするものの、気持ちは梅雨空を吹き飛ばすように快活にすごしていきたいものです。
6月1日から食事をホールで一同(希望者)に摂っていただいています。
面会も再開しています。今日もご家族様が面会にお見えになり笑顔が絶えません。
面会時の必須条件を遵守の上面会をお願いします。

**** 5月のイベント *****
サービス事業所合同会議やお誕生日会は、集団性があり三密に該当すると判断し、5月も中止させていただいております。
5月お誕生日の土山廣一さまには、大変申し訳ありませんでした。
土山様には、職員から“メッセージ入り色紙”を用意させていただきました。
6月からは、コロナウイルスと共存した新しい体制で運営を行わなければなりません。第一波の経験を活かして第二波への備えを行いつつ、新しい生活スタイルに移行して行きます。
お誕生日会、サービス事業所合同会議を開催する予定です。
≪お知らせ≫
○未定:サービス事業所 合同会議
○未定:お誕生日会:山浦伸自さま 甲藤弘敬さま です
○令和2年度/高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種の対象者で希望される方は
申し出てください。(事務手続きは当ホームで行います)
○当ホームが住所地となっている利用者さまに「特別定額給付金申請書」が届いております。
 今月の郵便に同封していますのでお忘れなく手続きしてください。

| 2020年06月05日(Fri) 09時54分 | 投稿: 事務長 | カテゴリ: いずみ野通信 | コメント(0) | ▲TOP |

このブログへのコメント

コメントはありません。

お名前・ニックネーム

E-mail(ウェブ上には公開されません)

コメント(必須)

パスワード(必須)


下記セキュリティコード(半角数字)を入力してください

«前月へ  2020年11月  次月へ»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

投稿者別ブログ一覧

最近のコメント

お問い合わせ

泉佐野の老人ホーム「有料老人ホームいずみ野」

〒598-0015
大阪府泉佐野市高松南3丁目1番9号
TEL:072-463-5705
FAX:072-463-5715

お問い合わせ


RSS1.0 RSS2.0

このページの先頭へ

お気軽にお問い合わせください!

072-463-5705

文字サイズ