有料老人ホームいずみ野 代表 町谷 孝からのごあいさつ

泉佐野で運営しているいずみ野が小規模であるメリットは、利用者様とスタッフとの距離間が短く、見慣れたスタッフの顔があることで、安心できる生活を送ることができます。

泉佐野の老人ホームならいずみ野

有料老人ホームいずみ野

小規模な事業所であることを最大限活かして「安心」と「信頼」を得るための環境を整えています

自分の親に接するように、利用者様との信頼関係を築きます。

有料老人ホームいずみ野 設立

私自身、建築設計コンサルタントのお仕事で「介護付き老人ホーム」、「グループホーム」等の老人福祉施設の事業計画のハード面、ソフト面のお手伝いをさせていただきながら、地域に密着した高齢者専用住宅の住宅事業に関心をもちました。

異業種からの参入ではありましたが、これから到来する、超高齢化社会に自分たちに「何が出来るのか」「自分の親を見てもらうとすれば、どのような施設が望ましいのか」等、期待と不安を抱えながらの出発でした。今迄の「老人ホーム」のイメージを払拭するため、利用者様の生活感を重視した街中に、交通の便が良く、周辺に公共機関があり、スーパー等日用品等の買い物ができる場所に建設することができました。創業当時から家族様から車でも電車でも便利なところで”助かる”と好評でした。

介護に大切なものは知識や技術を超えた「愛情」だと確信

私自身、自分の親を当ホームで見ていただいた経験上、”お願いする側”と”お願いされる側”の気持ちに立つことができたことです。そうしたなかで介護に大切なものは知識や技術を超えた「愛情」だと確信いたしました。

創業より満7年を迎え、創業当時から泉佐野市内及び周辺地域及び遠くは神戸市、東大阪市、河内長野市等からご紹介をいただき、創業時から現在までに百数十名のご利用をいただいております。

利用者様に安心感を与え、おひとりおひとりの支援を、回復効果のある内容に

当事業所は25室と小規模であるゆえに、利用者様とスタッフとの距離間が短く、いつも見慣れたスタッフの顔があることにより利用者様に安心感を与え利用者様おひとりおひとりの支援を、具体的且つ眼に見えて効果のある内容にしてまいりました。

ある病院から紹介された利用者様は暴力、暴言と退院を迫られ、身体的には麻痺により車椅子生活をされておりました。入所時は事前の情報をもとに支援させていただきましたが自分勝手な言動に最初は振り回させられましたが、話し合いをしていくうえで、利用者様は何の不安を抱えて現在に至るかが理解することができ、少しずつ利用者様との距離が近づき信頼関係を築くことができたと思います。又入所時は車椅子での生活でしたが、歩行訓練を取り入れる等、利用者様本人の頑張りもありましたが、スタッフの粘り強い支援で、ゆっくりではありますが自力歩行が可能となり近くのスーパーへ買い物に行くまでの回復をされました。

ある利用者様は関東でお一人で自営業をされておりましたが、認知症を発症され関西に、ご兄弟がおられ、こちらで施設を探されており当事業所のご利用となりました。入所当初は自力で歩行、食事もされ又事務所に入ってお話をされたりしていましたが徐々に認知症が進行し歩行、食事も介助が必要となりました。弟様ご夫婦が面会に来られると、大変うれしそうな表情をされ、話しかけに頷かれたり意味は不明ですが言葉を発せられたり、利用者様の潜在意識に語りかけ親族であるがゆえの心の交流を見た思いがします。残念ながら体調不良により入院され入院先で亡くなられましたが、弟様ご夫婦からは、最後まで看取ることができ感謝の言葉をいただきました。

7年間の事業運営で学んだこと −「心のバリアフリー」を築いていくこと

7年間の事業運営で学んだことは、ひとつ 利用者様の気持ちに如何に寄り添えるか、親身になれば心が通じ解り合える等、「心のバリアフリー」をいかにお互いに築いていくか。一般的に高齢期になると年齢や個人差もありますが、心身機能や免疫機能が低下してきます。又その症状を自覚しにくい場合もありますので、いつもの状態と違う異変に「気付く」そうして利用者様の不安を「知る」ことが非常に重要であるということです。

ひとつ 「家族様との信頼関係をいかに築いていくか」、利用者様の日常生活の様子をまず知っていただくことです。日常生活の中で新たな発見や気付きなどを”見える化”して利用者様(おとおさん、おかあさん)を身近に感じていただく事により利用者様と家族様と私達の「心のバリアフリー」を築くことになると確信しております。

「安心」「楽しく」「明るく」生活できる環境を整えるため担当者制を導入

こうした積み重ねにより、事業所と利用者様と家族様との信頼の”トライアングル”ができあがり、日常生活において「安心」の上に、「楽しく」、「明るく」生活できる環境が整うものと考えています。

今迄に培った経験を活かし又小規模の事業所であるメリットを最大限活かすことができるように、各利用者様毎に担当者制を導入し、日頃の支援では不十分なサービスについて、自分の親に接するように、利用者様の希望を「傾聴し」その希望を”かなえる”ように、家族様と協働して支援して参りたいと思います。

有料老人ホームいずみ野 代表
町谷 孝

ごあいさつ
サービスのご案内
入居費用
施設案内
いずみ野の日記(ブログ)
ご家族の声
利用者様の日々
お問い合わせ

泉佐野の老人ホーム「有料老人ホームいずみ野」

〒598-0015
大阪府泉佐野市高松南3丁目1番9号
TEL:072-463-5705
FAX:072-463-5715

お問い合わせ

このページの先頭へ

お気軽にお問い合わせください!

072-463-5705

文字サイズ